いて座(射手座)の人物とは?

いて座(射手座)

寒さが少しずつ厳しさを増す季節の生まれにふさわしく、独立心旺盛で理想の高いあなた。一度目標を決めると、まっしぐらに進む実行力があります。平凡な幸せを求めるというより、未知の冒険に惹かれ、実際にそういう環境でこそ力を発揮します。恋愛面では新しい刺激に弱く、派手な事件を起こしがち。自分にとって意味がない関係と思えばアッサリ終わらせる傾向もあります。

いて座(射手座)の性格・運勢

生まれついての旅人であり、自由な精神の持ち主です。関心が常に外の世界のことに向きやすく、より広い世界を見て、新しいものを体験し、自分なりの理想を追求したいという思いがこの人の行動のベースです。落ち着くということには関心が低く、家庭的な幸せというものをあまり重視しない傾向も見られます。地に足がついていない考え方をしやすく、楽観的すぎるアイデアに支配されがちですが、能力を生かすチャンスに気づいて行動することで大きな成功が望めることでしょう。外国や外国人に興味を持つことも多く、語学の勉強は成功のカギになります。社会に出てからも、自分のペースで何かの研究を続けると大きな恵みが得られるでしょう。

いて座(射手座)の恋愛傾向

刺激的な出会いをもとめるタイプ

いて座(射手座)の結婚・相性

あなたは恋愛においてはとても衝動的で感覚を重視する傾向が高いといえます。行動力があるので、この人!と思ったら自分から積極的にアプローチするでしょう。そんなあなたの運命の相手を見分ける方法は、たくさんの人が集まる場所で、彼がどのような立ち振る舞いをするか。大勢の前でもしっかりと存在感をアピールできるカリスマ性のある彼なら、お互いに尊敬し合えるカップルになれるでしょう。逆に控えめなタイプの場合は、感覚の違いから上手くいかない可能性大です。

いて座(射手座)のラッキーカラー

藤色、赤紫、紫

いて座(射手座)の神話

いて座は、アルテミスから狩猟を学んだケンタウロスであるケイロンが弓を引く姿で親しまれている。ヘラクレスが誤って放った毒矢が当たり、苦痛のためゼウスに死を願って聞き入れられ、彼の死を悼んで天に上げられて星座となったとする話が定説となっている。 勇者オリオンを刺し殺し、その功績で星座とされたさそりが、天上で暴れたときのために、いて座の弓は常にひかれたままであると解釈されている。 ただしこの話はギリシャ神話には登場しない話である。

ここれクリア

城戸結伎YouTube公式チャンネル